瑞牆山 十一面岩正面壁 ベルジュエール

2018年5月26日
河合(記)、他1名

最近ショートピッチのルートばかり登っていましたが、マルチピッチのスピードと体力を取り戻さないと、ということでリハビリ開始。
まずは現状の把握と力試しということで、行先はミーハーに瑞牆山十一面岩の大クラシック、ベルジュエール。初十一面岩。同行はいつもお世話になってるSさん(会員外)。

5/26
8時植樹祭駐車場出発。Sさんは3回目ということで、ろくにアプローチ調べもせず行ったところ、普通に道を間違えたけど、何とか9時に取付到着。
既に登っているパーティがいて、さらに先行1パーティいるとのこと。オンサイトトライしたかったので、間隔空けて9時40分スタート!

【以下、ムーブやプロテクションの記載あり。オンサイト狙う人はここでストップ!】

1p目(5.11b、30m位):河合リード
アップなしでいきなり核心ピッチ。1ピン目のハーケンまで高い。♯0.75カム決めようかと思ったけど、落ちる難しさではないのでノープロ。その上のぺツルボルトからが実質のスタート。出だしのハングを右から巻いて一息。でも、この後の悪いスラブ状フェースが本当の核心。直上は厳しく、右に左にルートを探ったところ、見えないところに穴を発見!しかし見つけた時、既に腕が終わりかけていて、気合でギリギリ突破。このピッチにリード&フォローで1時間以上使ってしまった。
狭いテラスで、終了点はぺツルボルト2本。2p目(5.10a:30m位):Sさんリード
ハング下のスラブを巻いて、コーナーを登ります。よく足を見ておかないと詰む感じで、Sさん痛恨のテンション。コーナー入ってからも意外と悪く、プロテクションは全部ハーケンで、落ちたくない感じ。マイクロカム極小なら効くかもしれないけど、そういう場所には大抵ハーケンがあって、う~ん。
終了点は立木。3p目(5.8位?:40m位):河合リード
変なフレークをノープロで登って、木登りした後泥コーナーを避けて右のフェースに移ってから左に復帰し、次の左壁の顕著なクラックの元まで。シングルロープだったのでロープが結構重い。カムないと結構ランナウトかも。(私は♯0.3と♯1を使用)
終了点はペツルボルト。4p目(5.9:15m位):Sさんリード
超快適な垂壁クラック。フィストに始まりシンハンドに終わり、適当に手足突っ込んでると次の終了点にあっという間に付く感じ。ちょっと短くて物足りないけど、これが地上にあったら人気出るだろうな~。
終了点は確かぺツルボルト。5p目(歩き:10m位):Sさんリード
大フレーク取付近くの写真撮りやすい所へ移動。
終了点はカムとスリング。

6p目(5.10a:20m位):河合リード
このルートのハイライトとなる、大フレークのピッチ。出だしは足のしっかり立てる簡単なオフウィズス。♯3以上ならところどころ決まる。最後のスタンスで♯4を2個固めて、いざレイバック!適度にスタンスもあって、ホールドはドガバなので、結構ランナウトするけど快適!!
終了点はぺツルボルト。7p目(歩き:10m位):Sさんリード
チムニーの真下まで。
終了点は♯4と細い立木。

8p目(5.8:25m位):Sさんリード
恐怖のチムニーピッチ。手持ちのプロテクションは一切受け付けず、途中のリングボルト1本で耐えるので絶対落ちられない。チムニー自体はう○こ座りズリズリからの右足スタックで問題なし。最後のチョックストーン下に♯2辺りが効くかもしれないけど、そこまで登れたらもう落ちない気も。ザック背負っては無理だったので、クラックの外側に垂らして登ったけど登り辛かった。
終了点は覚えてない。9p目(歩き:10m位):河合リード
次のチムニー入口まで。
終了点は立木。

10p目(5.8位?:20m位)河合リード
ノープロの簡単なチムニーをこなした後、逆イの字クラックまで緩傾斜のコーナークラック。ちょっとバランス悪いけど、問題ない。
終了点は♯0.3、♯0.75、リングボルト2つ。

11p目(5.10b:20m位)Sさんリード
Sさん宿題のピッチということで、Sさんリード。全く問題なく、するすると登っていた。核心は逆イの字の終わるところで、Sさんの真似して同じムーブで行ったところ、核心の一手が届かず、ハンドジャム連打でレストポイントに戻るはめに。リーチ20cm近く違うの忘れてた。仕切り直してハンドジャムの位置を移動させたら何とか届いた。危ない危ない。
確か終了点はぺツルボルト。12p目:(歩き:40m位):河合リード
岩稜歩き。最後のピッチの目印となる立木目指して、左に右に。
終了点は立木。

13p目:(5.8:20m位):河合リード
出だしのワンポイントクラックはトリッキーで迷った。その後のスラブは、足元に♯3が決まったが、リングボルトのリングは飛んでいた。誰か落ちたのかな。普通にカチが見つかったので、スリングをタイオフせずに終了点へ。
終了点はRCCとペツルだった気が。終了点には14時20分到着。4時間40分。久々のマルチ、やはり動きがぎくしゃくしてしまい、少し手間取ってしまいました。でも、半分フォローだったけど、落ちずに登るのは目標だったので嬉しかった。
人気ルートなので順番待ちかなと思ったけど、先行パーティが早くて(我々が遅かっただけか)視界にいなかったので、快適にオンサイトトライが楽しめました。シングルロープだったので流れ気にしてこまめに切ったら、本来10pらしいのですが、気が付いたら13pになってました。実質の登りは9p位でしたが。

下降は頂上から1回懸垂してから、歩き。ルンゼはフィックスべた張りで楽でした。時間が余ったので、周辺のルートや末端壁のルートや取付を一通り確認して下山。(ヨレてたし翌日もあったので末端壁ショートルートはぐっと我慢して登らず。)

ルートの感想としては、オンサイトトライは(このルートの中では)飛びぬけてグレードの高い1p目がほぼ全てで、1p目オンサイトできれば、後のピッチはクラック慣れしていて体力あれば大丈夫と思います。
フェース、スラブ、フレークのレイバック、チムニー、オフウィズス、フィスト、ハンド、シンハンド、岩稜歩きと多彩で(ないのはフィンガー以下、ハング、藪こぎ?)、純粋に面白いです。各ピッチの終了点もテラスも安定していて快適です。
ただ、相応のランナウトがあって落ちない技術が必要ですし、結構長いですし、決してマルチ入門ルートではないかなと思いました。

持参ギア:♯0~♯0.2×1、♯0.3~♯4×2、ヌンチャク×9位、60mシングル1本ほか。
(♯0.3、0.4は1つずつで良くて、♯0.2以下は不要だった)

コースタイム:
8:00植樹祭駐車場→9:00取付/9:40スタート→14:20終了/14:50下降開始→15:30取付/16:10下山開始→16:50植樹祭駐車場

おまけ
5/27
小川山 屋根岩2峰 ジェットストリーム

一応翌日もマルチ登ったので記録つけときます。
小川山に移動して、翌日はショートルートを楽しむつもりでしたが、屋根岩2峰周辺のアップルートは大体登ってしまった。ということで、グレード手頃ということで、Sさんと、ある意味有名なジェットストリーム2pでアップ。地獄が待っているとも知らずに・・・

1p目(5.10b:25m位)河合リード
えぇ、完全に舐めてました。「怖いだぁ? 10bっしょ?余裕余裕♪」と。「ごめんなさいもうそんなこと言わないから許してくださいアップなんかで二度と使いませんから・・・」
えぇ、朝一で冷えた体、流れ落ちる冷や汗、指から滴る血、渾身のニーバー、なぜかハンドジャム。3峰の視線も気にせず、「ウォー!」恥も外聞もなく、叫びましたよ。落ちてジャイアントスイング食らってたまるもんですかと。
足は全部スメアだし、手は意外とスローパーだし、ガバ遠いし、ボルト間隔あるしで、朝一で登る(トラバースする)ルートではありませんでした。深く反省してます。オンサイト。2p目(5.10a:30m位)Sさんリード
出だしから怒涛のランナウト。でも今度は手ではなくて足主体なので、じっくり考える余裕あって1p目に比べ大分楽でした。でも、ランナウトしたスラブでダウンクライム・・・えぇ、絶妙なライン取りでした。落ちずにフォロー。上で(若干誇張気味に)ボロクソに書いてますが、ロケーションといい、ライン取りといい、素晴らしいルートなのは間違いないです。人は選ぶけど。ボルトは一部錆びてるけど落ちても止まるだろうから、そんなに怖がらなくてもいいと思います。でも怖いよ。そして1p目5.10bは嘘でしょ?恐怖で腕に力入りまくったから?
なお、ハンドサイズのカムを持っていくと、救世主になるかも。後、登り返しできないと、落ちたら多分大変。間違っても10bギリの人は行かない方が身のためかと。

ロープもう1本担いでたので、懸垂2回で下降。少し斜懸垂して、Sさんはカブトムシ5.12aにヌンがけ。その後河合はPTA5.11bのスラブを詰め切れず(ムズいけど練習になる!)、エンドルフィン5.13aにボコされ(初段~二段のボルダー?)、スラブの逆襲5.11bを逆襲して(後で調べたら多くの人は左回り、私は右回りのプッシュムーブ。いいのかな。)終了。間違いなく初便が一番疲れた。

瑞墻山 十一面岩

2000年7月22日(土)
瀧島、中嶋、倉田、赤井、高橋、柴田(記)

倉田さんにシュラフカバー越しに足をなでられて目がさめる。

グリーンロッジ付近まで行って瀧島車を待つが結局現れず仮眠。

(翌朝100mと離れていないところに瀧島車がいたのが分かった。)

翌朝は植林祭の為の林道に惑わされながら尾根を越え沢を越えて正面壁の取りつきに漸く辿りつく。

組み合わせとルートは以下の通り。

中嶋・倉田組=山河微笑(目的のベルジュエールに先行パーティがいたので)

瀧島・高橋組=翼ルート

赤井・柴田組=翼ルート

翼ルートはIV+/A1となっているがチムニーやクラックが沢山現れ多彩。

殆どフォローだったのでお気楽だったがリードだったら恐いな、と思うところも何度かあった。

赤井さんのキャメロット#5も数度活躍。

終了点で3パーティが揃い記念撮影の後、懸垂4回で取り付きに戻る。

瀧島さんお勧めの餃子屋に間に合わなかったので須玉インター近くのラーメン屋(珍珍珍でない方)にて夕食。

餃子もおいしくまずまず。

翌日も登る中嶋、赤井、倉田諸氏に別れを告げて瀧島車で八王子に向かった。

3番勝負といいながら殆どフォローで勝負になりませんでしたが、もう少しトレーニングして腕を磨いたらリードもやりたいと思います。

甲府幕岩も瑞墻も初めてのところで、こういうところに行けるのも秀峰に入れたからだと感謝しています。

今後とも宜しくお願いします。

以上