足尾 ウメコバ沢中央岩稜 チコちゃんルート

2019年1月27日
薄田(記)、川上

充実しました。(手強かった)
前週、川上君より足尾のアルパインが面白そうとのことで誘いがあり、それでは行ってみっかとなり行ってきました。
埼玉を前夜発して某所を5:00に出発。銅親水公園よりスタート。1.5時間で出合着。4人パーティの先行がいたがアイスクライミングとのこと。
先行を譲ってくれようとしたが辞退してフォローする。
取り付き迄約40分。前夜から降った雪が15から20cmくらい有った。
8:00川上リードでスタート。
1P(Ⅳ級)スラブ右手のコーナークラックからのスタート。夏のⅣ級なのでアイゼン&アックス×2PCのドライツーリングでどうゆうグレーディングかわかりませんがルート中一番痺れました。右はクラック、左はスラブの細かい手足ホールド。「怖い」「怖い」。
クラッカー川上はカムの選択が早く時間が掛かった(40分くらい)が危なげなく?抜けた。
続く薄田も慣れないドライツーリングで時間がかかったが脹ら脛のパンプを我慢シ-シ-抜けました。
2P(Ⅲ)薄田、Ⅲ級だけど傾斜が落ちた分雪が天こ盛り状態。おまけに大きな岩も浮いており時間がかかる。

2P中間

3P(Ⅴ級):川上本ルートの核心ピッチ。スタートから薄田も触っているでかい(50*40cm)位のやつが岩にのっかてるだけ。力、掛けなくてよかった。
肝心なクラックは4m程度(キャメロット4番残置)で1P目よりは優しく感じた。それでもホ-ルドが雪に隠れて雪払いに時間がかかる。

3P核心手前
3P中間枯木地点

4P(Ⅲ):薄田、2P目より傾斜が有り相変わらず雪がたっぷりで大変。
川上君を迎え入れ時間を見ると14:20(実際は約30分~1時間早かった)となり残り2ピッチとピークまで70mのコンテをこなす時間を3時間と見積もり下降(裏手をフィックスロープ)時間を考えて勇気ある敗退を決断。
3回の懸垂下降で1時間掛けて取り付きに戻る。残置のハーケンは無いので岩角といつ枯れたか解らない枯れ木(パリパリに乾燥)を使いました。
キャメロット4番はワイヤーが切れていて外れなかったが下降途中で川上君回収出来て良かった。BDの金物品質は安いけどそれなり。
銅親水公園に戻ったのが16:00だったのでまあまあの時間でした。
足尾の松木沢全体が鉱毒で不毛地帯。雰囲気も手伝って充実させて貰いました。

足尾 松木沢 (黒沢・ウメコバ沢)

2017年2月18日~19日
加茂谷、川端(記)

2月18日(土):黒沢 晴れ
寒さを感じず心配された風もほとんどない絶好のアイスクライミング日和でした。
銅親水公園から1時間40分ほどでブルドーザー広場到着。少し河原に降りてテントを設営し、この日は黒沢へ。


F1:スルー
F2:加茂谷さん、川端リード(2回登る)
F2に着くと数パーティーいて順番待ちに。空いている右のラインを加茂谷さんリードでお先に行かせてもらいました。安定していてスルスル登ってしまいました。さすが早い!

この後、私も簡単そうな左のラインをリードさせていただき、ご指導を受けました。
F3:川端リード
リードさせていただきましたが傾斜もなく快適に登れました。
(写真ありません)
F4:加茂谷さんリード
F4が見えると先を行っていたパーティーが戻ってきました。話によると「氷が薄く水を被る」とのことで引き返したようです。
とりあえず行ってみようと加茂谷さんリードで登りました。写真のあたりは軽くシャワーを浴びながら薄いな氷で、しびれるクライミングとなりました。フォローでよかった。


各ピッチはボルトや木で支点がとれます。
懸垂下降で下山します。


テン場に戻り、この日の夜は加茂谷さんお手製のモツ鍋で乾杯です。本当に美味しかった。

2月19日(日):ウメコバ沢 晴れ
F1、F2:フィックスロープを使いながら通過。小さな滝をいくつか越えるとF3が見えてきます。


F3:加茂谷さんリード。
迷いのないクライミング!さすがです。


F4:川端リード
簡単と思われた中央より左の段々になっているラインを登りました。
が、足を決めづらいところがあり一部手こずりました。中央のほうが簡単だったかも知れません。


黒沢より少し登りごたえあった印象です。
早めに終了しテントを撤収して下山しました。