南アルプス 荒川出合の氷爆

2019年2月2日~3日
玉置、小池、中和(記)

今シーズンは氷の状態が悪いようで、あれこれ候補地が上がるも、目的地が決まらない難民状態。マルチのアイスに行きたかったのと、北側斜面なので氷の状態も良いだろうと信じて、南アの荒川出合の氷爆に行くことにしました。
—————————

概要:
南アルプス 荒川出合の氷爆
2019/02/02 3ルンゼ・右のナメ滝
2019/02/03 2ルンゼ・正面大滝

コースタイム:
02/02(土) 開運トンネル(05:20) – 荒川出合(08:00) – 3ルンゼ出合(09:30) – 登攀終了点(16:30) – テント(18:30)
02/03(日) テント(08:30) – 2ルンゼ出合(08:30) – 2ルンゼ大滝(10:30) – 登攀終了点(16:30) – テント(21:00) – 開運トンネル(23:40)

行動記録:

2/2(土) 晴れ
開運トンネルから荒川出合まで10kmの林道歩き。除雪バッチリなので非常に歩きやすい。
林道歩きが多い自分は感覚が麻痺しているが、他の2人にとっては苦行でしかないと思う。荒川でのアイスを推薦した手前、氷が無かったら2人から氷のような視線を浴びての林道下山になるけど、2ルンゼに氷爆の存在を確認して一安心。2ルンゼ付近の平地にテント設営して、身軽な装備で3ルンゼに移動。

出合から1時間程、軽いラッセルを交えて氷爆の基部に到着。3ルンゼの各ルート状況は以下のとおりで、右のナメ滝に取り付く。

アーリースプリング: 上部のみ氷結し下部は草付が露出。登れない
夢のブライダルベール:氷は繋がっているけど、中間は一部がツララの集合体のよう。
右のナメ滝:過去の記録より氷の幅は狭い。左ルートは草付が露出している。

右のナメ滝
ブライダルベールとアーリースプリング

1p(30m)  小池さん
結構立っている部分が数メートル程あり、このピッチが一番悪く感じた。左岸の赤い残置スリングがある木でピッチを切る。

2p(30m)  玉置さん
傾斜は緩いがトラバース気味に登るのが、何となく落ち着かない。ルートが左右に分かれる場所が吹き溜まりになっており、除雪してピッチを切る。

3p(50m)  中和
左ルートと右ルートに分かれるが、状態が良い右ルートを登る。序盤は立っているが、一段上がると後は何てこと無いナメ。左ルートと合流する辺りで、ロープ一杯になったので適当な灌木でピッチを切る。

この上にも、もう1段小さな滝があったけど、時間が押していたのでここで終了。左岸の尾根を懸垂3回連続で滝下に戻ったが、林道に復帰する頃には真っ暗になっていた。

2/3(日) 晴れのち雨

昨日のヘッデン下山の反省も踏まえ、13時をリミットに撤退することを申し合わせていた。が、大量に担ぎ上げた酒と食料のためか、体調不良のメンバーが出たり、寝坊したりと、いきなり暗雲が立ち込める。

2ルンゼ出合からすぐに10m以下のナメ滝が連続するので各自フリーで適当に登る。ナメ滝群の上は吹き溜まりになり、所々腰ラッセル。結構しんどく、10時過ぎになって大滝基部に到着する体たらく。3段で構成される大滝は、1段目だけ登って時間切れかもね、などと言いあう。

2ルンゼ正面大滝

1p(40m) 玉置さん
滝の左側を登るが、氷が固い上に、昨日の疲れもあるのか本調子ではないようだ。1段目の落口まで一気に抜ける予定だったが、弾切れを起こしそうになり、核心部を越えたところでピッチを切る。

2p(20m) 小池さん
1段目の上部。傾斜は70度位だけど、最初の数mだけは氷が脆いので、足が決まらず苦しそうな印象。それ以後は安定した登りで難なく越えていき、1段目の落口でピッチを切る。

3p(30m) 中和
1段目の落口から右岸尾根にトラバースして下山予定だったが、両岸立っており、やむを得ず2段目も登る。1段目に比べればユルユルだけど、落ちると大滝の基部まで大ジャンプになるので確保してもらう。この辺りから本格的に雨が振り始めてきた。

4p(30m) 小池さん
目論見が外れて、2段目の落口からも尾根に移れないので、結局3段目も登る。傾斜は50度位だが、落ちると1p目より下まで行ってしまうので確保する。この滝の上は雪に埋もれたナメ滝が続くのでロープは仕舞う。

3段目の上からはラッセルしながらの遡行になるが、雨で濡れた雪でアイゼン団子が酷い。数歩でドラえもんの足のようになりゲンナリ。
下降路である右岸の尾根は、トポだと簡単に下山できるような記述だが、想像より急峻で、日没+雨+ガスでルーファイが非常に難しい。装備も体も雨でビショビショで悲壮感が漂う。懸垂3回交えて大滝の下に戻り、テントに帰ったのは21時。テントを片付け、林道を各自下るが、所々スケートリンクになっており、全員が複数回コケた。結局、全員が開運トンネルに到着した頃には日付が変わっていた・・・。

出発時間遅れ、同ルート下降しなかった等、ミスが重なって下山が遅くなってしまいました。反省点や課題が盛り沢山ですが、スケールの大きい氷爆で2日間遊べて楽しかったです。小池さん、玉置さんありがとうございました。

足尾 ウメコバ沢中央岩稜 チコちゃんルート

2019年1月27日
薄田(記)、川上

充実しました。(手強かった)
前週、川上君より足尾のアルパインが面白そうとのことで誘いがあり、それでは行ってみっかとなり行ってきました。
埼玉を前夜発して某所を5:00に出発。銅親水公園よりスタート。1.5時間で出合着。4人パーティの先行がいたがアイスクライミングとのこと。
先行を譲ってくれようとしたが辞退してフォローする。
取り付き迄約40分。前夜から降った雪が15から20cmくらい有った。
8:00川上リードでスタート。
1P(Ⅳ級)スラブ右手のコーナークラックからのスタート。夏のⅣ級なのでアイゼン&アックス×2PCのドライツーリングでどうゆうグレーディングかわかりませんがルート中一番痺れました。右はクラック、左はスラブの細かい手足ホールド。「怖い」「怖い」。
クラッカー川上はカムの選択が早く時間が掛かった(40分くらい)が危なげなく?抜けた。
続く薄田も慣れないドライツーリングで時間がかかったが脹ら脛のパンプを我慢シ-シ-抜けました。
2P(Ⅲ)薄田、Ⅲ級だけど傾斜が落ちた分雪が天こ盛り状態。おまけに大きな岩も浮いており時間がかかる。

2P中間

3P(Ⅴ級):川上本ルートの核心ピッチ。スタートから薄田も触っているでかい(50*40cm)位のやつが岩にのっかてるだけ。力、掛けなくてよかった。
肝心なクラックは4m程度(キャメロット4番残置)で1P目よりは優しく感じた。それでもホ-ルドが雪に隠れて雪払いに時間がかかる。

3P核心手前
3P中間枯木地点

4P(Ⅲ):薄田、2P目より傾斜が有り相変わらず雪がたっぷりで大変。
川上君を迎え入れ時間を見ると14:20(実際は約30分~1時間早かった)となり残り2ピッチとピークまで70mのコンテをこなす時間を3時間と見積もり下降(裏手をフィックスロープ)時間を考えて勇気ある敗退を決断。
3回の懸垂下降で1時間掛けて取り付きに戻る。残置のハーケンは無いので岩角といつ枯れたか解らない枯れ木(パリパリに乾燥)を使いました。
キャメロット4番はワイヤーが切れていて外れなかったが下降途中で川上君回収出来て良かった。BDの金物品質は安いけどそれなり。
銅親水公園に戻ったのが16:00だったのでまあまあの時間でした。
足尾の松木沢全体が鉱毒で不毛地帯。雰囲気も手伝って充実させて貰いました。