大源太山コブ岩尾根

2018年4月1日(日)
薄田(記)、野澤

行程: 清水 4:00 ~丸の沢出合 6:30~ Ⅱ峰8:50~ 大畠ノ沢 10:00~ 清水12:30

「ヤブ、ヤブ、ヤブ----」 薮には参りました。
谷川も終わったこの時期に夜行日帰りで行けそうなところを検討した結果この大源太山コブ岩尾根になりました。
当クラブの古い記録もあり、ネットでも3月末から4月中旬の記録も散見してたので行ってみたが・・・・・
清水部落を過ぎてすぐのところが除雪前なので車の最高到達地点。夜の11:00を過ぎていたが既に2台駐車。(結局登山者では無かったと思う。)
レガシーの後にテントを張り3時まで寝る。
丸ノ沢が出会いまでは登川右岸にある国道上を進むが途中3本くらい大きな沢を越える。
「アズマヤ沢」だと思うが沢身を渡る直前で薄田、空洞化した雪面を踏み抜き左足の靴が岩にスタック。これがクラック状になった所にジャミングがバッチリ決まりウンともスントも動かない。10分くらい格闘の末やっと脱出。その大きな岩は浮いておりそのような状態になってしまった。
過去の記録を見るとアプローチにスキーを使用しているパターンが多く、行ってみて納得。兎に角アプローチが平坦で長い。今回は雪解けが進み歩きのほうがベターだった。
丸の沢に入るとルートの全貌が見えて来たが・・・雪が無い。黒すぎる。一抹の不安が脳裏を過ぎるがビンゴになってしまった。
大畠の沢に入り本流に滝が見えたのでそこから尾根に取り付く。暫くは雪面を歩けたが1峰前くらいから猛烈な薮になり閉口する。アイゼンを付けるのが早すぎた。アイゼン、スノーバー、ストックと次々に薮に引っかかりイヤになった。
1峰手前は左手が小岩場になっており多少楽になるが2峰手前も又しても猛烈な「ヤブ」。
鶏冠状に特徴の有る2峰は3年前の某クラブの記録と比較するとエライ違い。丸裸状態で有る。
結局これ以上行っても同じようにヤブに痛めつけられるだけと判断。これにて敗退決定。
年によって違いがあると思うがまあ写真の通り天気だけは良かったので久しぶりに越後のディープなヤブに触れられて良しとしよう
下降は残置のシュリンゲを使い20mの懸垂下降とヤブのクライムダウンで大畠の沢4ルンゼに降り立ち長いアプローチを汗だくで清水へと戻った。

越後 大源太山 こぶ岩尾根

2004年4月6日から2日間
大滝、長門、菅野(記)


4月6日(快晴)

清水 7:30・・・丸の沢・・・12:00こぶ岩尾根取り付き Ⅰ峰、Ⅱ峰、Ⅲ峰、Ⅳ峰、稜線・・・
16:20大源太山

4月7日(晴れのち曇り)

大源太山7:15・・・丸の沢・・・11:10清水部落

高速をおりてからの通り道にコンビニはなく、一度戻ってコンビニによる。
清水部落で車を止め就寝。

 

4月6日

車の音と犬の声で目が覚める。

朝方、他に3組ほど車でやってきたが、どうやら巻機山の方にスキーに行ったようだ。

快晴で日焼けしそうだ。

丸の沢まで続く林道(国道)を歩く。

雪崩で道は崩壊していた。

丸の沢に行く手前で下ると丸太橋があるのだがそこには両岸に雪が積もっていて通れない。

行きは上部を巻いた。

そして、丸の沢を渡渉していくと大源太山がみえてくる。

こぶ岩尾根は顕著だ。

あのこぶ岩に登れたらおもしろそうだ。

下部は藪。

尾根の右側からとりつく。

そしてこぶ岩尾根の取り付きでⅠ~Ⅳ峰を眺めているとご~っと音がした。

Ⅱ峰のとさかの右側からちり雪崩がおきていた。

日曜日に降った新雪が落ちてきたのだろう。

Ⅰ峰は左側に大きくトラバースしてからⅡ峰も左のニセ4ルンゼ側を斜上していくと岩場があり登っていくと、上部は藪になる。

そこからⅢ峰までは、ほぼ藪で、雪稜、もろい岩が少しでてくる。

Ⅳ峰の雪稜をいくとこぶ岩の基部に出る。

ここからは、ロープを付ける。

こぶ岩の左側の小灌木の中を2P登っていくのだが、見た目よりも傾斜があって、意外に力を使う。

ここから、稜線に出る。

両側が切れていて高度感ばっちりで、平らだが一歩が怖い一枚岩が一箇所あった。

そこから30分ほどで頂上に出る。

時間も押しているので、少し下ったところで今日の宿場を探す。

今回はイグルー作りが目的。

雪を削って重ねていくが、湿った雪ではくずれてきてしまう。

途中であきらめてその掘った場所に上からツェルトをかぶせる。

少しツェルトより幅が大きかったので、隙間が開いてしまった。

しかし、風がない日だったので寒さを感じることなく快適にすごせた。

翌日は七つ小屋山から謙信尾根を下る予定だったが、昼前には天候が悪化するという予報だったので大畠の沢を下る。

昼前には丸の沢についてしまったが、まだまだ天気は持っているようだ。

昼寝をしてから「雲天」にそばを食べに行くが、なんと定休日だった。

残念。

 

越後 大源太山コブ岩尾根

1997年4月12日
細田、板橋、石井(記) 、畠中

先月の阿能川岳がよかったので、

I氏の「2年越し/マッターホルン・サミッター計画」に乗る。「酒(紙パック)アイゼン突き刺さり事件」によって、新品ザックが酒蔵になるなどの初歩的アクシデントがあったが、とてもよい残雪の山でありました。

4月11日(金)

埼玉・JR武蔵野線新座駅前発21時20分、谷川のトンネルをくぐり、石打で高速を降りる。車は清水までしか入らない。車の脇でテントを張り、酒盛りして寝る。02時。

4月12日(土)

快晴。

8時10分発(おそーい!)。残雪の林道を行き、丸ノ沢が迫ってきた地点で、適当に斜面を降り、登川本谷右岸に降りる(地図の林道分岐をよく探せば、スムーズに岸に下れる、帰りはこの道を登った)。柄沢山に突き上げる東屋沢出合いの丸太橋を渡り、右岸を少し行き、登川本谷を丸木橋を渡れば丸ノ沢出合。

ここまで約2時間。渡渉をしつつ遡れば、わぉ、かっこいい! 上越のマッターホルン、天を突く大源太山の峻鋭な勇姿が見えてくる。 が……! 尾根下部主軸は雪がなく潅木リッジになっている(会話体=「わちゃー、ヤブッピーですぜ」)ので、雪の大畠ノ沢を少し行き、ゴルジュの中の滝が見えるあたりから、コブ岩尾根末端左に上がる。尾根左側の斜面を雪を拾って登り、ニセ4ルンゼに入ってこれを詰める。上部に雪庇があるように見えるが、問題なし。雪崩が怖いのでど真ん中を避けて登る。アイゼンを付ける。上部ではダガーポジションも入るし、爽快。ここから2人組に分かれてロープを付け、スタカット。潅木と小さな岩場、雪稜を交えながら進めば、コブ岩基部。コブ岩左の草付きが核心部で、潅木をつかんで登り、コブに続くリッジに廻り込む。2P。(4ルンゼに降りようなどと思ってはいけない)。さらに潅木リッジとの格闘2Pで主稜線に出、約100mで大源太山頂上。15時20分。

一同、腹減った~コールがかかり、時間もあることだし下ることにする。下降は日陰になった大畠ノ沢左俣。コルまでは小さな岩場があるだけ。コルからはシリセード、シェルントがあるので気を付ける。途中、コブ岩尾根核心部に後続

2パーティのトップが張り付いていた。左俣下の滝を避け、途中で雪の斜面を左側にトラバースしつつ、うまく尾根末端に下る。林道歩きは、各人、「ラーメンと餃子でビール」「やっぱ丼もの」といった食の妄想で速度を出し、車置き着。19時。

完登祝賀夕食会(デリシャス篇)の後は、湯沢付近のアスファルト屋根付きホテル(ゴージャス篇)へ。翌朝はまたしても快晴、わが青春の○○山の岩場偵察など行いながらトンネルをくぐって帰宅。